【CEATEC 14】アイシン精機が初出展…自動車関連技術を応用した住生活機器など紹介

自動車 ビジネス 国内マーケット

アイシン精機は、10月7日から10月11日まで、幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2014」に初出展する。

今回、「暮らしとモビリティの明日を考えるアイシン」をテーマに、総合自動車部品メーカーの技術を活かした住生活機器製品や、それらを連携させたソリューションを展示する。省エネで、快適・安全安心な暮らしと、モビリティ社会を提案する製品や技術を紹介する。

自動車技術を応用し、安全技術、安全要素モジュールを組み込んだ電動車いすをベースとした「搭乗型移動ロボット」を出展する。また、自動車の安全運転支援の開発事例として、スマホ・タブレット、カーナビゲーションなどと連動した自動駐車技術を紹介し、新しい生活支援モビリティと安全移動技術など、モビリティ社会の未来に貢献する技術を紹介する。

また、自動車部品の体重検知センサーを応用、ベッド上の人の体動を検知することで睡眠解析をする「ねむりモニター」の展示では、テレビや照明などの周辺機器を連携させたシステム機器連携の技術を紹介する。センサーの情報から眠りの状態を分析し、照明などの周辺機器を最適化することで、快適な環境を作り出す寝室空間の未来を提案する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集