【パリモーターショー14】オペル コルサ 新型、発表…欧州Bセグで存在感発揮

自動車 ニューモデル モーターショー

新型 オペル コルサ(パリモーターショー14)
  • 新型 オペル コルサ(パリモーターショー14)
  • 新型 オペル コルサ(パリモーターショー14)
  • 新型 オペル コルサ(パリモーターショー14)
  • 新型 オペル コルサ(パリモーターショー14)
  • 新型 オペル コルサ(パリモーターショー14)
  • 新型 オペル コルサ(パリモーターショー14)
  • 新型オペル コルサ
  • 新型オペル コルサ
米国の自動車最大手、GMの欧州部門のオペルは10月2日、フランスで開幕したパリモーターショー14において、新型『コルサ』を初公開した。

現行コルサは2006年に発表。コルサとしては、4世代目モデルにあたる。欧州ではBセグメントに属し、フォルクスワーゲン『ポロ』、プジョー『208』、ルノー『クリオ』(日本名:『ルーテシア』)などと競合。2代目、3代目モデルは日本市場にも導入され、『ヴィータ』として販売された過去がある。

5世代目となる新型コルサでは、欧州Bセグメントの新基準となる動力性能、快適性、機能性を備えることを目指して開発。ボディサイズは全長が4020mmと、現行型をほぼ継承。それでいて、全ての乗員に快適な室内空間が追求された。運転席周りは、操作性を重視した設計。「インテルリンク」と呼ばれる車載インフォテインメントも用意した。前面衝突警告など、安全性も強化。

新型では、エンジンやトランスミッションなどのパワートレインや、シャシーを新開発。ガソリンエンジンには、ダウンサイジング(排気量の縮小)ユニットを採用。1.0リットル直列3気筒「エコテック」ターボエンジンは、最大出力115psを引き出す。

このスペックは、現行コルサの1.4リットル直列4気筒自然吸気の100psを上回り、1.4リットル直列4気筒ターボの120psに迫る数値。オペルによると、3気筒ターボは、トルクフルで運転しやすく、静粛性も高いという。トランスミッションは、抵抗を低減。

新型コルサはパリモーターショー14でワールドプレミアされた後、2014年内に欧州主要国で発売。オペルは、「ベース価格1万1980ユーロ(約165万円)は、魅力的な価格」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集