【F1 日本GP】ロズベルグ、今季8回目のポールポジションに「良い1日だった」

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ニコ・ロズベルグ(メルセデス)
  • ニコ・ロズベルグ(メルセデス)
  • ニコ・ロズベルグ(メルセデス)
  • ルイス・ハミルトン(メルセデス)
  • ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2014年のF1第15戦日本GP。公式予選で見事ポールポジションを勝ち取ったニコ・ロズベルグが記者会見で今日の様子について振り返った。

週末を通してメルセデス勢が絶好調。予選でも最大のライバルはチームメイトのルイス・ハミルトンだった。Q1、Q2ともに0.1秒を切る接戦だったが、最後のQ3で差を僅かに広げポールポジションを獲得。今季8回目、通算12回目のポールポジションだった。

会見に出席したロズベルグは「全体を通して凄く良い1日だった。マシンも完璧だし、このコースにしっかり合っていた。明日は天気がどうなるか分からないけど、色々なシチュエーションに対応できるよう準備しているつもり。とにかく最前列からスタートできるのは有利ではあるが、何が起こるかわ分からない。しっかり注意してスタートしたいね」とコメントした。

チームメイトとの争いに敗れたハミルトン。午前中のフリー走行3回目では1コーナーでコースオフしてしまいマシンを壊してしまった。メカニックが懸命に作業を行い修復が間に合ったが、少なからず影響が出る予選となってしまった。

「出来る限りのことはやったし、全体的に悪くはなかった。でも今日はニコ(ロズベルグ)の方が速かったね。メカニックは本当によく頑張ってくれた感謝しているよ。明日は天気が良くないということだけど、何とか流れを変えたい」とコメント。やはりチャンピオン争いでも一歩も譲らぬバトルをしているライバルに負けたとあって、悔しそうな表情がみられた。

明日の決勝は、予報では台風の影響で雨となっているが、おそらくメルセデスの2台が有利であることは間違いなさそう。チャンピオンを争う2人が難攻不落と言われる鈴鹿サーキットで、どのようなレースを繰り広げてくれるのか。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集