【パリモーターショー14】ジャガー XE 詳細を発表…小型スポーツセダン市場に殴り込み

自動車 ニューモデル 新型車

ジャガー XE
  • ジャガー XE
  • ジャガー XE
  • ジャガー XE
  • ジャガー XE
  • ジャガー XE
  • ジャガー XE
  • ジャガー XE
  • ジャガー XE
英国の高級車メーカー、ジャガーカーズは10月1日、パリモーターショー14でのワールドプレミアに先駆けて、新型車の『XE』の詳細を発表した。

ジャガーXEは、中型セダン/ワゴンの『XF』の下に位置するジャガーの新しい小型スポーツセダン。メルセデスベンツ『Cクラス』、BMW『3シリーズ』、アウディ『A4』、レクサス『IS』など、欧州Dセグメント・プレミアムカー市場に参入するために開発された新型車となる。

XEは、SUVコンセプトカー、『C-X17』で提示した先進のアルミ構造を採用する最初の市販車。軽量なアルミ素材を、車体構造全体の75%に採用した。ジャガーカーズによると、XEがクラスで唯一、アルミ製モノコックを使うモデルになるという。ボディサイズは、全長4672mm、全幅1850mm、全高1416mm、ホイールベース2835mm。

また、XEには、スポーツカーの『Fタイプ』ベースのフロントサスペンションを採用。このダブルウイッシュボーン・サスペンションは、優れたハンドリング性能とロードホールディング性能を発揮。さらに、リアサスペンションには、インテグラルリンクを採用。電動パワーステアリングは、最新世代を導入し、ジャガーらしいクラスをリードするフィーリングとレスポンスを追求。さらに、「All Surface Progress Control」と呼ばれる、新開発のトラクションコントロールも装備した。

すでにジャガーカーズは9月上旬、英国ロンドンでXEの高性能グレード、『XE S』を初公開。これに対して、パリモーターショー14では、XEの標準グレードがワールドプレミアを飾る。

XEの標準グレードのハイライトが、ジャガー・ランドローバーが新開発した新世代エンジン、「インジニウム」。インジニウムには、ディーゼルとガソリンがあるが、今回、ガソリンエンジンの詳細が明らかにされている。

XEのインジニウム・ガソリンエンジンは、直噴2.0リットル直列4気筒ターボで、2種類のチューニングが存在。最大出力は200ps、最大トルクは28.6kgmを発生する。高出力版は、最大出力240ps、最大トルク34.7kgm。240ps仕様の場合、0-100km/h加速は6.8秒、最高速は250km/(リミッター作動)と公表されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集