【ヤマハ ワールドテクニシャンGP14】優勝者決定!…スペイン、インドの代表2名が制す

モーターサイクル 企業動向

ヤマハ ワールドテクニシャンGP 2014 閉会セレモニー
  • ヤマハ ワールドテクニシャンGP 2014 閉会セレモニー
  • ヤマハ ワールドテクニシャンGP 2014 スポーツバイク部門入賞者
  • ヤマハ ワールドテクニシャンGP 2014 コミューター部門入賞者
  • ヤマハ ワールドテクニシャンGP 2014 CSアワード受賞者
  • ヤマハ ワールドテクニシャンGP 2014 閉会セレモニー
  • スポーツバイク部門優勝のトーマス・サンチェズさん(スペイン)
  • スポーツバイク部門優勝のトーマス・サンチェズさん(スペイン)
  • スポーツバイク部門優勝のトーマス・サンチェズさん(スペイン)
9月30日から10月1日にわたって開催された、ヤマハ発動機の認定整備士世界大会「ワールドテクニシャン14」の優勝者が決定した。

表彰は、先進国向け大型バイクの「スポーツバイク部門」、新興国向け小排気量バイクの「コミューター部門」の2つに対して行なわれ、スポーツバイクはスペイン代表のトーマス・サンチェズさん。コミューター部門は、インド代表のメナクシ・スンデラム・スーブラマンヤンさんが優勝となった。

以下3位までの入賞は、スポーツバイクの2位がドイツ代表のベネディクト・フックスさん、3位がアメリカ代表のデイビッド・スピークスさん。コミューターは2位がフィリピン代表のカルビン・ケネツ・ディー・タンさん、3位が台湾代表のワン・チョン・ヤウさん、同じくインドネシアのアセップ・スンペナ・スリアニングラットさんと続いた。

また、CSに対しても表彰が行なわれ、ブラジルのギレルーメ・シューツさん、ベトナムのラー・ンゴック・タイエンさん、ニュージーランドのジェレミー・リードさんの3名がCSアワードを受賞した。

2014年大会は、世界約3万3000人のヤマハ認定整備士の中から、各国の大会を制した18ヶ国20名が参加。表彰式では、ヤマハ発動機の柳弘之代表取締役社長からトロフィーが手渡され、涙ぐむ入賞者の姿も見られた。
《阿部哲也》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集