【パリモーターショー14】メルセデス-AMG C63 に「エディション1」…欧州で発売記念車

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデス-AMG C63 エディション1
  • メルセデス-AMG C63 エディション1
  • メルセデス-AMG C63 エディション1
  • メルセデス-AMG C63 エディション1
  • メルセデス-AMG C63 エディション1
  • メルセデス-AMG C63 エディション1
  • メルセデス-AMG C63 エディション1
  • メルセデス-AMG C63 エディション1
  • メルセデス-AMG C63 エディション1
ドイツの高級車メーカー、メルセデスベンツの高性能部門、AMGが10月2日、フランスで開幕するパリモーターショー14で初公開する『メルセデス-AMG C63』。同車に欧州で、発売記念車が設定される。

これは9月24日、メルセデスベンツが明らかにしたもの。メルセデス-AMG C63の「エディション1」の内容を公表している。

ここ数年、メルセデスベンツは新型車の発売を機に、エディション1を用意。発売記念車に相応しい、数々の特別装備を盛り込む。

新型『Cクラス』の最強グレード、メルセデス-AMG C63のエディション1では、19インチのAMG製アルミホイールを装備。細いスポークのマットブラック塗装が特徴になる。セダンのトランクスポイラーも、マットブラック仕上げ。フロントグリルとドアミラーには、赤いアクセントが添えられる。

室内は、「ナイトパッケージ」を標準化。AMGのパフォーマンスシートは、表面にダイヤモンドパターンを刻むナッパレザー。フラットボトムのAMGパフォーマンスステアリングホイールも採用する。赤いシートベルトも装備。

エディション1は、標準版と高性能版の『メルセデス-AMG C63 S』に設定。「S」バージョンの場合、4.0リットル(排気量3982cc)V型8気筒ツインターボエンジンは、最大出力510hp/5500-6250rpm、最大トルク71.4kgm/1750-4500rpm。0-100km/h加速は4.0秒(ステーションワゴンは4.1秒)、最高速は250km/h(リミッター作動)の性能を備えている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集