BMWジャパン社長「クリーンディーゼルを増やしていくのは正しい判断」

自動車 ニューモデル 新型車

BMW 2シリーズ アクティブ ツアラー 発表会見
  • BMW 2シリーズ アクティブ ツアラー 発表会見
  • ビー・エム・ダブリュー ペーター・クロンシュナーブル 社長
  • BMW 2シリーズ アクティブ ツアラー 発表会見
  • BMW 2シリーズ アクティブ ツアラー 発表会見
ビー・エム・ダブリューのペーター・クロンシュナーブル社長は10月1日、MINIブランドを合わせた日本でのディーゼルエンジン車の販売比率が3割に達していることを明らかにした上で、「クリーンディーゼルを増やしていくのは正しい判断だった」との考えを示した。

クロンシュナーブル社長は同日、都内で開いた新型車発表会で、「革新的なドライブトレーンがあることが我々の成功の根幹をなしている。BMWはクリーンディーゼルモデルを一番多く投入しているブランドで、我々のセールスの約30%が実はディーゼルエンジンモデル」と述べた。

さらに「ディーゼルモデルを投入したのは比較的最近にも関わらず、販売に占める割合は30%になっている。ヨーロッパでは販売の7割を超える部分がディーゼルエンジン車なので、日本でもまだまだ成長のチャンスがたくさんあると確信している」とも語った。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集