ANAカードに電子マネー「iD」機能を標準搭載して10月1日から発行

航空 企業動向

ANAカードにiDの機能を標準搭載
  • ANAカードにiDの機能を標準搭載
全日本空輸(ANA)と三井住友カードは、10月1日からANAと三井住友カードが発行する「Visa」、「MasterCard」ブランドのANAカードに後払い電子マネー「iD」機能を標準搭載する。

後払い型電子マネーと、プリペイド型電子マネーが1枚のカードで利用可能となるのは、航空系カードで初めて。

「iD」は、コンビニや自動販売機など、少額決済シーンでも幅広く使えるチャージ不要の後払い電子マネー。

これまでANAカード会員が「iD」を利用する場合、ANAカードとは別におサイフケータイ型や、専用カード型の「iD」を申し込む必要があった。今回、ANAカードに「iD」を標準搭載することで、ANAカード会員は申し込み不要で「iD」を利用できる。

「iD」の利用金額に応じ、クレジットカードの利用分とあわせ三井住友カードのワールドプレゼントのポイントが貯まり、ANAマイルに交換できる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集