ホンダ CR-V、2015年型の詳細発表…新2.4リットルエンジンは燃費とトルク向上

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ CR-V の2015年モデル
  • ホンダ CR-V の2015年モデル
  • ホンダ CR-V の2015年モデル
  • ホンダ CR-V の2015年モデル
  • ホンダ CR-V の2015年モデル
  • ホンダ CR-V の2015年モデル
  • ホンダ CR-V の2015年モデル
  • ホンダ CR-V の2015年モデル
  • ホンダ CR-V の2015年モデル
ホンダの米国法人、アメリカンホンダは9月30日、『CR-V』の2015年モデルの詳細を発表した。

現行CR-Vは4世代目モデル。2011年11月、ロサンゼルスモーターショー14で初公開された。現行型のデビューから約3年を経て登場した2015年モデルは、現行型としては初の大幅改良を受けている。

2015年モデルのハイライトは、パワートレインの進化。「アース・ドリームス・テクノロジー」を応用した新開発の直噴「i-VTEC」エンジンと新開発のCVTの組み合わせにより、燃費性能を引き上げる。

新開発の直噴2.4リットル直列4気筒ガソリン「i-VTEC」エンジンは、最大出力こそ従来と同じ185hp。しかし、最大トルクは25kgmと、従来比で11%高められた。

足回りも熟成。サスペンションのチューニングが見直され、前後のトレッドも約13mmワイド化。ブレーキ性能も強化された。アメリカンホンダによると、ダンパーの新チューニングが、洗練されたドライブフィールを生み出すという。

2015年モデルの外観は、ヘッドライトやグリル、バンパーが新デザインとなり、表情を一新。アルミホイールや、ウインカー付きのドアミラーも新しい。室内は、センターコンソールのアームレスト、スライド式サンバイザー、リアコンソールのベンチレーションダクトなど、装備が充実。静粛性も引き上げられている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集