中部国際空港、訪日ムスリム旅行者の受け入れ環境サービスを拡充

航空 企業動向

中部国際空港、礼拝室の近隣に「ウドゥー」ができる小浄設備を新設
  • 中部国際空港、礼拝室の近隣に「ウドゥー」ができる小浄設備を新設
中部国際空港セントレアは、訪日ムスリム(イスラム教徒)旅行者の受け入れ環境サービスを拡充すると発表した。

旅客ターミナルビルの2階到着ロビーと3階国際線制出発制限エリアに設置した礼拝室の近隣に、ウドゥーができる場所として、小浄設備を新たに設置する。ウドゥーは、アラビア語で、ムスリムの人が礼拝の前に手や口などを清めること。10月1日から供用を開始する。

また、ムスリム旅行者が安心してセントレアを利用してもらえるように、一部の飲食店で「ポークフリー・アルコールフリーメニュー」を提供しているが、これに加えて「豚・アルコール表示のサービス」を提供する。

豚・アルコールをメニュー表に表記(シール対応)し、顧客自身で判別できるようにする。10月10日から3店舗で開始し、今後、順次拡大していく。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集