【ダイハツ デカデカ 市販技術発表】チーフエンジニア「タントより背が高いカテゴリーを造りたかった」

自動車 ニューモデル 新型車
ダイハツの新型軽乗用車
  • ダイハツの新型軽乗用車
  • ダイハツの新型軽乗用車
  • ダイハツ工業 中島雅之 チーフエンジニア
  • ダイハツの新型軽乗用車
  • ダイハツの新型軽乗用車
  • ダイハツの新型軽乗用車
  • ダイハツの新型軽乗用車
  • ダイハツの新型軽乗用車
ダイハツ工業は9月29日、2013年東京モーターショーに参考出品した『デカデカ』がベースとなる新型軽乗用車の技術概要を明らかにした。全高は1835mmとデカデカより15mm低いものの、室内高は1455mmと軽トップを実現している。11月初旬の発売を予定している。

新型軽乗用車の室内高は、スーパーハイトワゴンの先鞭を切ったダイハツ『タント』より90mm高い。チーフエンジニアを務める製品企画部の中島雅之氏は「タントよりも背が高いというカテゴリーを造りたかった。タントでも見晴らしが良くていいといわれていたが、もっと上があるだろうというところにチャレンジした」と語る。

ターゲットユーザーについて中島氏は「基本的にはボーダーレス。若い人から年配の方まで。これだけのスペースがあるので、キャンプとか旅行で使ってもらいたい」と話す。

もともと室内の広さを売りにしていたタントとの喰い合いする恐れに関しては「タントの場合は一般的な使いやすさという部分とそんなに大きく無くても良いという部分でお客様はついてくると思っている」としながらも、「基本は『大は小を兼ねる』と思う。とくにタントのターボモデルは少しカニバル可能性があるかなと思っている。ターボの『RS』は男性のお客様がやはり比率としては多く、スタイルでいくと新型車の方が男性のお客様を呼びやすいと思う」と述べた。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集