【ジャカルタモーターショー14】トヨタ ヤリス アジア専用モデル…ヴィッツ とは違う[詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー
トヨタ ヤリス(ジャカルタモーターショー14)
  • トヨタ ヤリス(ジャカルタモーターショー14)
  • トヨタ ヤリス(ジャカルタモーターショー14)
  • トヨタ ヤリス(ジャカルタモーターショー14)
  • トヨタ ヤリス(ジャカルタモーターショー14)
  • トヨタ ヤリス(ジャカルタモーターショー14)
  • トヨタ ヤリス(ジャカルタモーターショー14)
  • トヨタ ヤリス(ジャカルタモーターショー14)
  • トヨタ ヤリス(ジャカルタモーターショー14)
新型『ヤリス』は新興国向けに最適化された新型プラットフォームを採用。エクステリアもヴィッツとは大きく差別化され、より若々しくアグレッシブなデザインとした。

ボディサイズは、全長4115mm×全幅1700mm×全高1475mm、ホイールベースは2550mm。日本のヴィッツと比べると、230mm長く、5mm幅広に、一方全高は25mm低い。ホイールベースは40mm長くなっており、全高以外は一回り大きく、『オーリス』に近いサイズになっている。

109psの1.5リットルエンジンを搭載、トランスミッションは5速マニュアルと4速オートマチックを設定する。通常グレードのほか、若者向けらしくカスタムモデルの「TRD仕様」も選択が可能だ。
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

特集