【ダカール15】ホンダ、女性ライダーが新加入…5人体制で参戦

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

(左から) パウロ・ゴンサルヴェス、エルダー・ロドリゲス、ライア・サンツ、ホアン・バレダ、ジェレミアス・イスラエル
  • (左から) パウロ・ゴンサルヴェス、エルダー・ロドリゲス、ライア・サンツ、ホアン・バレダ、ジェレミアス・イスラエル
  • ホアン・バレダ
  • パウロ・ゴンサルヴェス
  • エルダー・ロドリゲス
  • ジェレミアス・イスラエル
  • ライア・サンツ
ダカールラリーに3年連続で参戦するホンダのワークスチーム「チームHRC」は9月25日、スペインのモーターランド・アラゴンで「ダカールラリー2015」に参戦するライダーを発表した。

参戦ライダーは、昨シーズン出場したエルダー・ロドリゲス(ポルトガル、35歳)、ホアン・バレダ(スペイン、31歳)、パウロ・ゴンサルヴェス(ポルトガル、35歳)の3選手に、ジェレミアス・イスラエル(チリ、33歳)、ライア・サンツ(スペイン、28歳)が新たに加入し、計5名で挑む。新加入のサンツは、「スーパーウーマン」の異名を持つ女性ライダーだ。参戦車両はラリーレース専用モデル『CRF450ラリー』の新型を用意する。

ダカールラリーは、世界で最も過酷とされるオフロードバイクレース。2015年は、1月4日にアルゼンチンの首都ブエノスアイレスをスタート。途中、ボリビア、チリを経て、ゴールとなるブエノスアイレスを目指し、1月17日までの2週間、約9000kmを走破する。

2013年に24年ぶりのワークス参戦を果たしたホンダは、3年目となるダカールラリー2015で総合優勝を目指す。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集