フィアット、現行パンダ初の4WDモデルを国内初導入…限定340台

自動車 ニューモデル 新型車

フィアット・パンダ 4×4
  • フィアット・パンダ 4×4
  • フィアット・パンダ 4×4
  • フィアット・パンダ 4×4
フィアット クライスラー ジャパンは、フィアット『パンダ』に4WDモデル『パンダ 4×4』を設定、限定340台で10月4日より販売開始する。4WDモデルの導入は現行パンダとしては国内初となる。

パンダ 4×4は、オンロードではコンパクトカーならではの機動性でスムーズな走りを実現。オフロードでは四輪駆動に加え、電子式ディファレンシャルロック(ELD)を装備し、走破性をさらに向上させている。

スタンダードモデルと比較して65mm高く、専用のアロイホイール、専用フロント/リアバンパーのアンダーガードを設定。さらにボディーカラーに設定した専用の「タスカングリーン」「アイスホワイト」および「イタリアンレッド」により、エクステリア全体がドライバーの冒険心を駆り立てるものとなっている。

パワーユニットは、フィアットの2気筒エンジン「ツインエア」に6速MTの組み合わせ。街でも山道でも様々なシーンにおいて、意のままに操るドライビングでクルマとの一体感を楽しむことができる。また安全面では、衝突被害軽減ブレーキ「シティブレーキコントロール」をフィアット車として初めて搭載する。

販売台数はタスカングリーン160台、アイスホワイト120台、イタリアンレッド60台の計340台。価格は外国メーカーの四輪駆動車として最安価となる251万6400円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集