【鉄道の日】JR東日本、長野駅でイベント…383系体験乗車など

鉄道 企業動向
長野駅の「鉄道の日」イベントは10月11日開催。E7系(右)との記念写真撮影イベントは親子対象の事前応募制で、子供用の制帽や記念プレートを貸し出す。
  • 長野駅の「鉄道の日」イベントは10月11日開催。E7系(右)との記念写真撮影イベントは親子対象の事前応募制で、子供用の制帽や記念プレートを貸し出す。
  • 383系体験乗車イベントは3回行われる。
JR東日本長野支社は、「鉄道の日」を記念したイベント「鉄道の日フェア」を10月11日に長野駅で開催する。開催時間は10時30分から14時まで。

北陸新幹線長野~金沢間のパネル展、JR東海の383系特急形電車を使用した体験乗車、E7系新幹線車両との記念撮影、211系近郊形電車の展示などが行われる。211系は車内も開放され、E7系グッズの販売などが行われる。

このうち、383系の体験乗車は列車の入換えを体験するもので、3回行われる。所要時間は各回約30分。各回親子10組を募集する。また、E7系との記念撮影は2回行われ、各回親子10組を募集する。どちらもはがきによる申込みが必要で、締切は9月30日(当日消印有効)。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集