三菱ふそう、国際商用車ショーに小型EVトラック キャンター E-CELL などを出展

自動車 ビジネス 企業動向
三菱ふそう・キャンター E-CELL
  • 三菱ふそう・キャンター E-CELL
三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は、9月25日から10月2日の8日間、ドイツで開催される「第65回IAA国際商用車ショー2014」に、小型電動トラック『キャンター E-CELL』をはじめとする小型トラック7台を出展する。

キャンターE-CELLは、最新鋭の技術を備えた、電動小型トラックとして開発。走行距離は100km以上、電動モーターは、最高出力110kw(150馬力)、最大トルク650Nmを発生する。最新型キャンターのシャシーをベースとし、車両総重量は6トン、積載量は3トンを実現。2014年7月から、ポルトガル国内で1年間の実証実験を開始している。

同社はこのほか、『キャンター エコ ハイブリッド』、「キャンター」ディーゼルモデルの車両総重量8.55トンモデルおよび4WDモデルなどを出展する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集