【福祉機器展14】スバル、レヴォーグ と フォレスター の福祉車両を出展

自動車 ビジネス 企業動向

スバル・レヴォーグ 1.6GT ウイングシート(リフトタイプ) 運転補助装置付
  • スバル・レヴォーグ 1.6GT ウイングシート(リフトタイプ) 運転補助装置付
富士重工業は10月1日から3日に東京ビッグサイトで開催される「第41回 国際福祉機器展 H.C.R.2014」に、ウイングシート(リフトタイプ)と自走装置を装着した2台の福祉車両を出展する。

同社が出展するのは、「レヴォーグ 1.6GT ウイングシート(リフトタイプ) 運転補助装置付」と「フォレスター 2.0i-S EyeSight ウイングシート(リフトタイプ) 運転補助装置付」の2台。「出かけることが、好きになる。」をブーステーマとし、出かけるよろこびを多くの人に提供する。

ブースでは、プロ車いすランナーの廣道純氏が、自身の体験を踏まえた熱いメッセージや、直噴ターボDITエンジンと進化した「EyeSight(Ver.3)」のインプレッション内容を収録したオリジナル映像を放映。また、自動車のほか、歩行者や自転車も認識できる「EyeSight」のシステムが、会場内にてステレオカメラで撮影した映像を画像処理し、物体を認識する様子を、専用モニターで紹介する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集