【パリモーターショー14】韓国サンヨン、2台のコンセプトSUVを市販…X100として2015年発売へ

自動車 ニューモデル 新型車
サンヨン XIV-エア の予告イメージ
  • サンヨン XIV-エア の予告イメージ
  • サンヨン XIV-エア の予告イメージ
  • サンヨン XIV-アドベンチャー の予告スケッチ
  • サンヨン XIV-アドベンチャー の予告スケッチ
韓国のサンヨン(双竜)自動車が10月、フランスで開催されるパリモーターショー14で初公開する2台のコンセプトカー。両車の市販モデルの車名が決定した。

サンヨンがパリモーターショー14で初公開するのは、『XIV-エア』と『XIV-アドベンチャー』の2台のコンセプトカー。2011年秋、フランクフルトモーターショー11での『XUV1』、2012年春、ジュネーブモーターショー12での『XIV-2』の発展形となる。

車名のXIVは、エキサイティングユーザー・インターフェイス・ビークルの意味。プレミアムCUV(クロスオーバー・ユーティリティ・ビークル)の提案で、全長4195mm、ホイールベース2600mmの欧州BセグメントSUVとなる。

搭載エンジンは、1.6リットルのガソリンとディーゼル。排出ガス性能は、欧州のユーロ6に適合させた。

9月11日、サンヨンは、XIV-エアとXIV-アドベンチャーの2台のコンセプトカーの市販版について、車名を『X100』と公表。同社は、「現在、開発の最終段階にあり、2015年に発売する予定」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集