ニュル最速FFハッチ、ルノー メガーヌ RS が最新デザイン言語採用[写真蔵]

自動車 ニューモデル 新型車
ルノー・メガーヌ RS
  • ルノー・メガーヌ RS
  • ルノー・メガーヌ RS
  • ルノー・メガーヌ RS
  • ルノー・メガーヌ RS
  • ルノー・メガーヌ RS
  • ルノー・メガーヌ RS
  • ルノー・メガーヌ RS
  • ルノー・メガーヌ RS
ルノーのFF最速モデル『メガーヌ RS』が、フェイスリフトを経て再登場した。ルノーの最新デザイン言語を導入したボディスタイルを身にまとった。

エンジンは変わらず、2.0リットル 16バルブ4気筒ターボユニットで、最高出力265psと最大トルク36.7kgm(R.S.モードオンの時)を発揮する。ホットハッチのマーケットではベンチマークとされる『メガーヌ RS』であるが、本国ではVW『シロッコ R』やセアト『レオン クプラ280』、フォード『フォーカス ST』と言う強力のライバルが存在する。まもなく登場するホンダ『シビック タイプR』もこの欧州FFホットハッチ争いに加わる。

ルノー スポールは今年の5月に、メガーヌ RSをさらに軽量化しパワーアップした「メガール RS 275 トロフィー-R」を登場させ、ドイツのニュルブルクリンクで7分54秒36というFF車最速ラップタイムをたたき出した。
《太宰吉崇》

編集部おすすめのニュース

特集