【福祉機器展14】ダイハツ、タントの福祉車両など計6台を展示

自動車 ビジネス 企業動向
ダイハツ・タントスローパー
  • ダイハツ・タントスローパー
  • ダイハツ・タントウェルカムシート
ダイハツ工業は、10月1日から3日まで東京ビッグサイトで開催される「第41回 国際福祉機器展」にタントの福祉車両4台など、計6台を出展する。

今回は福祉車両事業強化策の一環として、展示面積を324平米と昨年より2割拡張し、タント福祉車両のほか、軽自動車の福祉車両で唯一の機構をもつ「アトレーリヤシートリフト」など計6台を展示する。

さらに車両特長などを丁寧に分かりやすく説明するため、コミュニケーターが操作性の実演などを行うほか、全国のダイハツ販売会社で広げている「フレンドシップショップ」の概要を映像やパネルなどで紹介する。

出展車両は「タントスローパー」(車いす移動車)、「タントウェルカムシート」(昇降シート車)、「ハイゼットスローパー」「アトレーリヤシートリフト」の4種6台。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集