JAL、空の旅がより快適になる「スカイスイート」を 787-8 に設定…787-9 にも導入

  • 日本航空(JAL)は、ボーイング『787-8』の新仕様機材「SKY SUITE 787(スカイスイート787)」を、12月から成田~フランクフルト線(JL407便/JL408便)に、2015年1月から成田~ニューヨーク線(JL004便/JL003便)にそれぞれ導入する。
航空 企業動向
JAL(参考画像)
  • JAL(参考画像)
  • JAL、スカイスイート787を設定へ
  • JAL、スカイスイート787を設定へ
  • JAL、スカイスイート787を設定へ
  • JAL、スカイスイート787を設定へ
  • 787-9ドリームライナー
日本航空(JAL)は、ボーイング『787-8』の新仕様機材「SKY SUITE 787(スカイスイート787)」を、12月から成田~フランクフルト線(JL407便/JL408便)に、2015年1月から成田~ニューヨーク線(JL004便/JL003便)にそれぞれ導入する。

787-8 の新仕様には、座席ピッチ107cm、座席幅49cm、個人モニター12.1インチのプレミアムエコノミーを設定する。

ビジネスクラスには「SKY SUITE 777」と同様、フルフラットシート「SKY SUITE(スカイスイート)」を採用。座席配列は2-2-2の横6席で、全席通路アクセスが可能。プライバシー性の確保と同行者とのコミュニケーションのニーズに対応する電動プライバシー・パーティションも採用する。

23インチの大型個人モニターや液晶タッチパネル式エンターテインメント・コントローラーを用意する。

現行 787-8 はビジネスクラス42席、エコノミークラス144席の合計186席だが、新仕様ではビジネスクラス38席、プレミアムエコノミー35席、エコノミークラス88席の計161席となる。

また、エコノミークラスには、国際線“新・間隔エコノミー”の第2弾として、787シリーズの中では世界最大級となる居住空間を実現した座席「SKY WIDERII(スカイワイダーII)」を採用する。

世界の航空会社の 787 では横9席配列のエコノミークラスが主流だが、座席幅でプラス約5センチメートルのゆとりがある横8席配列を維持しながら、さらに座席ピッチ(前後間隔)をプラス約5センチメートル拡大することで、居住性の大幅向上を目指す。

手洗い設備はTOTO、ジャムコ、ボーイングが共同開発した温水洗浄機能付き便座「ウォシュレット」を全クラスのトイレに装備する。

スカイスイート787 では、機内エンターテインメント・システム「MAGIC-V」を進化させた、新システム「MAGIC-VI」を導入する。これは、座席モニターに触れた状態で指を滑らせるスワイプ操作を可能とし、画面デザインをシンプルで分かりやすいインターフェイスとすることで、直感的にエンターテインメントを利用できる。

また、機内エンターテインメント・サービス「SKY MANGA」や、ビジネスクラスで「機内食・機内販売オーダーサービス」も利用できる。

「SKY SUITE 787」の機内設備は、787-8 に加え、2015年度から運航予定の『787-9』にも順次導入し、国際線の中長距離路線を中心に展開していく予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集