ヤマハ発動機、森本SPV事業部長「電動アシスト市場は確実に戻ってきている」

自動車 ビジネス 企業動向
ヤマハ発動機 PAS 新製品発表会
  • ヤマハ発動機 PAS 新製品発表会
  • ヤマハ発動機 PAS 新製品発表会
  • ヤマハ発動機 PAS 新製品発表会
  • ヤマハ発動機 森本実 SPV事業部長
  • ヤマハ発動機 PAS 新製品発表会
  • ヤマハ発動機 PAS 新製品発表会
ヤマハ発動機の電動アシスト自転車『PAS』を手がけるSPV事業部の森本実部長は9月8日に都内で会見し、消費増税後の電動アシスト自転車の販売動向について「確実に市場は戻ってきている」との見通しを示した。

森本SPV事業部長は「電動アシスト自転車の2014年上半期の総需要は前年同期比116%」とした上で、「1~3月の大きな需要の伸びの後、その反動を受けて4月は前年比で60%くらいまで落ちた。5月が同80%弱、6月は90%台まで復活して、ほぼ8月に(前年を)追い越せるかという勢いになるかと思ったが、大雨など天候不順の影響でちょっと市場が風邪をひいた形になったが、確実に市場は戻ってきている」と述べた。

また「そうした状況の中、ヤマハは同125%となった。シェアは31%、他社に供給しているドライブユニットを含めると昨年51%だったものが、この1~6月で53%まで伸長した」と説明。

その上で「総需要よりも高い伸長となったのは、2013年にトリプルセンサーの搭載で、よりスムースというテーマで商品をアップグレードしたほか、2014年には全車急速充電対応、オートヘッドライトを投入したことで、お客様からヤマハが欲しいといって頂ける声が増えていっている背景があったと確認している」と話した。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集