大井川鐵道井川線、土砂流入で一部不通続く

鉄道 企業動向

大井川鐵道と国土交通省によると、大井川鐵道の井川線尾盛~閑蔵間で土砂流入の被害が発生し、9月2日10時22分から接岨峡温泉~井川間が不通となっている。同線は現在、千頭~接岨峡温泉間で折返し運転が行われている。

このほか、9月4日夜からの大雨により、JR西日本の一部路線で運転の見合わせが続いている。国交省が9月5日9時時点の情報としてまとめたところによると、運転休止区間は山陰本線園部~福知山間と福知山線篠山口~福知山間、舞鶴線綾部~東舞鶴間、美祢線美祢~長門市間。いずれも道床流出や線路冠水などの被害が発生したが、山陰本線と舞鶴線は16時頃、福知山線は17時頃、美祢線は長門市18時12分発から、それぞれ運転を再開する見込みだ。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集