【ITS世界会議14】ホンダ、自動運転技術を活用した「バーチャルけん引」を公開

ホンダは、9月7日から11日まで米国で開催される「第21回ITS世界会議デトロイト2014」に出展。最新の「コネクティッドカー技術(ネット接続型自動車技術)」と「自動運転技術」のデモンストレーションを、米国で初めて行う。

自動車 テクノロジー ITS
バーチャルけん引
  • バーチャルけん引
  • ホンダ・ブースイメージ
ホンダは、9月7日から11日まで米国で開催される「第21回ITS世界会議デトロイト2014」に出展。最新の「コネクティッドカー技術(ネット接続型自動車技術)」と「自動運転技術」のデモンストレーションを、米国で初めて行う。

自動運転技術では、デトロイト市のダウンタウンに位置する8マイル(約12.8km)の環状高速道路を使用し、実際の交通環境におけるハンドル操作、自動ブレーキ、合流・分岐・車線変更など、高速道路自動運転のデモンストレーションを実施する。

コネクティッドカー技術では、クルマと歩行者・自転車(V2P/B)、クルマと二輪車(V2M)の通信技術を含む最新のV2X技術を紹介。V2P/Bでは、歩行者やドライバーが所持するスマートフォンとクルマとの間で専用近距離無線通信技術(DSRC)を活用し、ドライバーと歩行者または自転車に乗った人に衝突の危険を知らせたり、互いの思いやりメッセージの交換を可能にする。

さらに、同社初の技術として、運転中に運転継続が何らかの理由で困難になったドライバーのクルマを、別のクルマが無線でけん引していく「バーチャルけん引」も紹介する。支援を必要とするドライバーが周辺車両に支援を求めるメッセージを送信。支援に応じたドライバーがバーチャルに繋がることで、けん引を可能にする。支援を求めた車両は、コネクティッドカー技術により先導する車両からのけん引指示と自動運転技術を活用し、病院などへけん引される。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集