バンコクでバイクタクシー運転手の登録開始

【タイ】タイ当局は4日、自動2輪車の後部座席に客を乗せる「バイクタクシー」の登録をバンコクで開始した。

エマージング・マーケット 東南アジア
【タイ】タイ当局は4日、自動2輪車の後部座席に客を乗せる「バイクタクシー」の登録をバンコクで開始した。

 運賃、サービスなどを管理統制するためで、登録した運転手には新しいベストとIDカードを支給する。登録期間は10月15日まで。運転手は来年1月以降、新たなベストを着用することが義務付けられる。

 バイクタクシーは渋滞時や短距離の足として広く利用されている。営業は野放し状態で、事故や運賃、乱暴な運転をめぐるトラブルが絶えない。

 バンコク都内のバイクタクシーの停留所は約5700カ所、運転手は約10万人。
《newsclip》

特集