GMの中国低価格ミニバン、宝駿 730…発売2日で受注1万台突破

自動車 ニューモデル 新型車
SAIC-GMの宝駿 730
  • SAIC-GMの宝駿 730
  • SAIC-GMの宝駿 730
  • SAIC-GMの宝駿 730
  • SAIC-GMの宝駿 730
  • SAIC-GMの宝駿 730
  • SAIC-GMの宝駿 730
  • SAIC-GMの宝駿 730
  • SAIC-GMの宝駿 730
米国の自動車最大手、GMの中国合弁、SAIC-GM(上海通用五菱汽車)が中国市場専用に立ち上げた低価格ブランド、「宝駿」。同ブランドの新型ミニバンが、中国で人気となっている。

宝駿ブランドは2010年11月、中小型クラスの4ドアセダン、『630』を中国で発売。これに続いて、小型の5ドアハッチバック、『Lechi』(『マティス』)を投入し、車種ラインナップを拡大してきた。そして7月30日、宝駿『730』を中国市場で発売。


宝駿730は、宝駿ブランドの初のミニバン。SAIC-GM としては、2番目のミニバンとなる。3列シートで最大7名が乗車できるMPVとして開発された。ホイールベースは2750mm。SAIC-GMは、「中国Bセグメントでクラス最長のホイールベース」と説明する。

エンジンは、直列4気筒ガソリンのみで、排気量は1.5リットルと1.8リットルの2種類。中でも1.5リットル搭載車は、14km/リットルと良好な燃費性能を備えている。

8月4日、SAIC-GMは、宝駿730が発売からおよそ2日間で、1万台を超える受注を獲得したと発表。SAIC-GMによると、平均で43秒に1台が売れている計算になるという。

宝駿730を最初に注文した顧客のHuang氏は、「7月30日の午前6時、SAIC-GMの公式サイトで宝駿730の価格が発表。予想通りの価格だったので、朝食を取らずに、急いで注文したんだ」とコメントしている。
《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース