秩父鉄道、SL『ガリガリ君』運転…8月28日から

鉄道 企業動向
『SLガリガリ君エクスプレス』に取り付けられるヘッドマーク(上)とデフレクターのイラスト(下)。8月28日から9月7日にかけて6日間運転される。
  • 『SLガリガリ君エクスプレス』に取り付けられるヘッドマーク(上)とデフレクターのイラスト(下)。8月28日から9月7日にかけて6日間運転される。
  • 乗客には「ガリガリ君型特別乗車記念証」が配布される。
  • 秩父鉄道で運行されているSL列車『SLパレオエクスプレス』。C58形蒸気機関車がけん引している。
秩父鉄道は8月19日、同社が運行しているSL列車『SLパレオエクスプレス』と赤城乳業(埼玉県深谷市)のアイスキャンディー商品「ガリガリ君」との共同企画として、『SLガリガリ君エクスプレス』を運転すると発表した。

運転日は8月28~31日と9月6・7日の6日間。ダイヤは通常の『SLパレオエクスプレス』と同じだが、SLの前面に「ガリガリ君」をデザインしたヘッドマークを掲出し、側面の除煙板(デフレクター)部分にも「ガリガリ君」のイラストが取り付けられる。乗客には「ガリガリ君型特別乗車記念証」が配布される。

また、往路の熊谷駅(熊谷市)ホームでは10時~10時10分頃に「ガリガリ君」との記念撮影会を開催。8月28・29日を除く14時~14時30分頃には長瀞駅(長瀞町)でも記念撮影会を行う。車内では往路の熊谷~長瀞間で200人の子供に「ガリガリ君ソーダ(アイスバー)」をプレゼントするほか、「オリジナルガリガリ君クリアファイル」が当たるじゃんけん大会も実施する。

また、『SLガリガリ君エクスプレス』運転日のSL整理券を秩父鉄道のウェブサイトから予約した人を対象に、通常のウェブ予約記念缶バッジのほか「ガリガリ君SLヘッドマークデザイン缶バッジ」をプレゼントする。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース