南海ラピート、「赤い彗星」の次はLCCピーチ機に…9月7日から

鉄道 企業動向

9月7日から運転を開始する「ハッピーライナー」の外観イメージ。特急ラピートの車体をピーチ機と同じデザインで装飾する。
  • 9月7日から運転を開始する「ハッピーライナー」の外観イメージ。特急ラピートの車体をピーチ機と同じデザインで装飾する。
  • 難波~関西空港間の特急ラピートで運用されている50000系。通常の塗装は濃紺色となっている。
  • 50000系は4月26日から6月30日まで、「ガンダムUC」とのタイアップで赤く塗られた1編成が運用されていた。
南海電気鉄道と格安航空会社(LCC)のPeach・Aviation(ピーチ・アビエーション)は8月7日、特別デザインの特急ラピート「出逢えたらラッキー Peach×ラピート ハッピーライナー」を期間限定で運転すると発表した。9月7日から運転を開始する。

関西国際空港の開港20周年企画。南海線の難波(大阪市中央区)~関西空港(大阪府田尻町)間を結ぶ特急ラピートの50000系電車6両編成1本の車体を、ピーチ機と同じデザインで装飾する。車内では「幸運のシンボル」としてハートマークのステッカーを数カ所に掲出する。

運転期間は9月7日から2015年8月31日までの予定。初列車は9月7日の難波11時30分発『ラピートβ41号』で、10時50分から11時40分まで同駅9番線ホームで出発式を行う。南海電鉄とピーチのコラボ記念グッズも今後販売する予定だ。

特急ラピートの50000系は1994年から営業運用を開始。本来の塗装は濃紺色だが、今年4月26日から6月30日までは「機動戦士ガンダムUC」とのタイアップ企画として1編成を赤一色に塗り、「赤い彗星の再来 特急ラピート ネオ・ジオンバージョン」として運転していた。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集