ベスパ の スプリント 150 が5都市でパレード…8月10日東京を皮切りに

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
ベスパ スプリント 150
  • ベスパ スプリント 150
  • ベスパ スプリント 150
  • ベスパ スプリント 150
  • スプリント150 ロードショー
  • ピアッジオグループジャパン 新井文雄社長
  • ベスパ スプリント 150
  • ベスパ スプリント 150
  • ベスパ スプリント 150
ピアッジオグループジャパン(PGJ)は、7月31日よりベスパの新型スクーター『スプリント 150』を発売した。同モデルは3月に発売した『プリマヴェーラ 125 3V』をベースとしたスポーティモデル。この導入に伴い、PGJの新井文雄社長は、新たなPRイベントを企画していることを明らかにした。

新井社長はベスパブランドについて「約1年半前にベスパの輸入権を弊社に移管してから、ベスパの認知度向上、そして各サービスの向上に努めてきた。そしてその結果、2013年のベスパの純利益は、従来のおよそ2倍の成長を示した」と振り返る。

続けて「ベスパは単なるコミューターにあらず、ライフスタイルであり、何よりファッションブランド。今回のスプリント 150の導入で、その立ち位置はより明確になるだろう」と自信を示した。

さらに、8月10日より全国主要都市での、スプリント 150 によるパレードを企画していると発表。

8月10日の東京を皮切りに、横浜、名古屋、大阪、福岡の全5都市で順次パレードを実施する。同じイタリアのブランドであるフィアットの『チンクエチェント』が先導し、東京では10台のスプリント 150 が渋谷、原宿、青山、代官山などの主要なファッションエリアをまわる。

新井社長は「一般の人たちにインパクトを与えて、ベスパというファッション、ライフスタイルを一人でも多くの人にアピールしたい」と意気込みを語った。
《阿部哲也》

編集部おすすめのニュース

特集