スバル富士重、世界生産が3年連続で過去最高…2014年上半期実績

自動車 ビジネス 企業動向

スバル フォレスター(米国仕様車)
  • スバル フォレスター(米国仕様車)
  • スバル・インプレッサ  新型(北米仕様)
富士重工業が発表した2014年上半期(1-6月)の生産・販売・輸出実績によると世界生産台数は前年同期比4.5%増の42万2316台となり、上半期としては3年連続で過去最高の台数を記録した。

国内生産は、北米市場を中心に『フォレスター』の販売が好調に推移し、同8.4%増の33万6651台で3年連続のプラスで過去最高を記録。海外生産は同8.7%減の8万5665台で2年連続のマイナスとなった。

国内販売は同8.2%減の8万7548台と、3年ぶりに前年同期を下回った。登録車では『インプレッサ』やフォレスター、軽自動車では『ステラ』を中心に1月から3月までは販売が好調に推移したが、4月から6月は消費増税の影響による販売台数減少を補えず、前年割れとなった。

輸出は同19.5%増の25万8685台。好調な販売が続く北米市場が牽引したことに加え、その他の市場においてフォレスターの販売が好調に推移。同期間として3年連続で過去最高の台数を記録した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集