日産自動車の第1四半期決算…営業益13.4%増の1226億円

自動車 ビジネス 企業動向

日産自動車 カルロス・ゴーン社長兼CEO
  • 日産自動車 カルロス・ゴーン社長兼CEO
日産自動車は7月28日、2014年4-6月期(第1四半期)の連結決算を発表した。

それによると、売上高は2兆4656億円(前年同期比+10.4%)、営業利益は1226億円(+13.4%)、経常利益は1487億円(+29.6%)、四半期純利益は1121億円(+36.7%) だった。

第1四半期連結累計期間の連結売上台数は、92万1377台(+6.1%)となった。市場別内訳は、国内が12万8458台(-1.3%)、北米が42万5457台(+10.0%)、欧州が17万6073台(+14.6%)、アジアは7万1284台(+5.3%)、その他地域は12万105台(-7.9%)だった。

主に、販売費や製造費用の増加による減益があったものの、購買原価低減や販売台数の増加等により、増収増益となった。また、為替差損益の改善や持分法による投資利益の増加などにより、純利益は前年同期比36.7%増と大幅なプラスとなった。

通期連結業績見通しは、売上高は10兆7900億円(前期比+2.9%)、営業利益は5350億円(+7.4%)、経常利益は6200億円(+17.6%)、四半期純利益は4050億円(+4.1%)とした。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集