マセラティ100周年…名車がリレー、増上寺から清水寺への「御茶壷道中」

自動車 ビジネス 企業動向

マセラティ浜松でバトンタッチする、マセラティ・ボーラとスパイダー90th アニバーサリー
  • マセラティ浜松でバトンタッチする、マセラティ・ボーラとスパイダー90th アニバーサリー
  • 清水寺にゴールした90thアニバーサリーとボーラ
  • マセラティジャパン代表取締役のファブリッツィオカッツォーリ氏から奉納品を受け取る、マセラティ・クラブ・オブ・ジャパンの越湖会長
  • 100 周年のマセラティロゴをあしらった桐箱と、黒と朱の対になった、本漆塗の利休棗(なつめ/茶器)と、棗を包む仕覆(しふく)
  • 100 周年のマセラティロゴをあしらった桐箱
  • マセラティ浜松
  • マセラティ・グラントゥーリズモMCストラダーレ・センテニアル・スペシャル・エディション
  • マセラティ浜松の杉浦店長から茶葉を受け取るマセラティ・ジャパン代表取締役のファブリッツィオカッツォーリ氏
マセラティ・ジャパンはマセラティ創業100周年記念イベントの一環として、東京~京都を結ぶ“100周年記念リレー、マセラティ百年道中”を開催した。

このリレープログラムは、江戸時代初期より幕末に至るまで続いた、“御茶壷道中”と、“東海道五十三次”からヒントを得て、開催されたものだ。

7月23日に、奉納品を携え増上寺(東京都港区)をスタート。途中マセラティ浜松を経由し、京都の清水寺にゴールした。24日には、奉納品を清水寺へ奉納し、その後ガラコンサートを開催し終了というスケジュールだ。

リレーでは、東京から浜松まではマセラティ『ボーラ』が、そこからは、『スパイダー90th アニバーサリー』が奉納品を運び、その前後は最新のマセラティが走行した。

奉納品は、100 周年のマセラティロゴをあしらった桐箱に、黒と朱の対になった、本漆塗の利休棗(なつめ/茶器)と、棗を包む仕覆(しふく)が収められ、マセラティ浜松で、茶葉を詰め、京都で奉納となった。

奉納は、“清水の舞台”にて実施。その後のガラコンサートでは、プッチーニ作曲イタリアオペラの名作、「蝶々夫人」のハイライトを上演。“ボローニャ歌劇場フィルハーモニー”で日本初の芸術監督に就任したマエストロ吉田裕史氏を迎え、小編成のオーケストラをバックに華麗な歌声が荘厳な寺社内に流れ、招待客から大きな拍手が贈られた。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集