【メルセデスベンツ GLA 発表】横浜ゴム、C.drive2 ベースの共同開発タイヤを新車装着

自動車 ビジネス 企業動向
メルセデスベンツ・GLA 250 4MATIC
  • メルセデスベンツ・GLA 250 4MATIC
  • メルセデスベンツ・GLA 250 4MATIC
  • メルセデスベンツ・GLA 250 4MATIC
  • メルセデスベンツ・GLA 250 4MATIC
  • メルセデスベンツ・GLA 250 4MATIC
  • 横浜ゴム・C.drive2
横浜ゴムは、同社の海外市場向けタイヤ「C.drive2」をベースに独・ダイムラー社と共同開発したタイヤが、メルセデスベンツ『GLAクラス』に新車装着されたと発表した。

装着タイヤは標準仕様とランフラットテクノロジー採用仕様の2種類で、サイズはともに235/50R18 97V。

装着タイヤにはダイムラー社の承認を示すマークとして標準仕様には「MO」マーク、ランフラットテクノロジー採用仕様には「MOE」マークが打刻されている。両タイヤとも優れたウェットグリップ性能に加え、欧州市場で求められる安全性能を満たすため、ドライおよびウェットコンディションでの操縦安定性を向上。さらに低燃費性能も高めている。

メルセデス・ベンツでは、これまでにAクラス、Bクラス、Cクラス、Eクラスクーペ、CLSクラス、Sクラス、CL63 AMG、SLクラス、SLKクラス、ML63 AMG、Gクラスにヨコハマタイヤが新車装着されている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース