日産ゴーン社長、高速道路上での自動運転技術を2016年末までに投入

自動車 テクノロジー 安全
日産、カルロス・ゴーン社長
  • 日産、カルロス・ゴーン社長
  • 日産、カルロス・ゴーン社長
  • 日産、カルロス・ゴーン社長
  • 日産、カルロス・ゴーン社長
  • 日産、カルロス・ゴーン社長
  • 日産、カルロス・ゴーン社長
  • 日産、カルロス・ゴーン社長
  • 日産、カルロス・ゴーン社長
日産自動車のカルロス・ゴーン社長は7月17日、日本外国特派員協会で、自動運転技術の投入スケジュールを発表した。

ゴーン社長は、混雑した高速道路上で安全な自動運転を可能にする技術、トラフィック・ジャム・パイロットを2016年末までに投入。ほぼ同時期に、運転操作が不要な自動駐車システムも幅広いモデルに投入する予定だと述べた。

さらに、2018年には、危険回避や車線変更を自動的に行う、複数レーンでの自動運転技術を、2020年までに、ドライバーの操作介入なしに、十字路や交差点を自動的に横断できる交差点での自動運転技術を導入する予定だとした。

またゴーン社長は、メガシティの台頭により渋滞緩和や排出ガス低減の必要性が高まることや、安全な運転システムを必要とする高齢者の増加など、様々な変化が自動運転技術の需要を促進すると予測している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集