【鈴鹿8耐】ブリヂストン、13チームにタイヤを供給…サポートチーム9連覇を目指す

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

昨年優勝したMuSASHi RT HARC-PROの2014年車両
  • 昨年優勝したMuSASHi RT HARC-PROの2014年車両
ブリヂストンは、7月24~27日に鈴鹿サーキットで開催される「鈴鹿8時間耐久ロードレース」に参加する13チームに対して、8耐専用に開発したタイヤの供給など、サポートを実施する。

サポートするのは、昨年の覇者「MuSASHi RT ハルク・プロ」、ケビン・シュワンツと辻本聡のタッグ結成で話題を呼んだ「レジェンド オブ ヨシムラ スズキ シェル アドバンス レーシング チーム」など、13チーム。

8耐は、日中の路面温度が60度を超えることもあり、車両にもライダーにも非常に過酷なレース。決勝では、11時30分のスタートから19時30分のゴールまで、2人もしくは3人のライダーが交代して8時間走行し、走行距離を競う。また、今年はタイヤに関する規制変更があり、レース中の使用可能タイヤが15本と制限される。これまで以上にタイヤをうまく使って走行することが勝利への重要な要素となるため、タイヤに対する注目度がますます高まっている。

なお、2006年から8年連続で同社のサポートしたチームが優勝しており、今年もサポートチームを足元から支え、9連覇を目指す。また、レースをより一層楽しむための特設サイトを開設し、レース速報を順次配信する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集