ヤマハ FZシリーズ 新型をインドへ投入…新エンジン搭載で低燃費化と加速性能向上

モーターサイクル 新型車

ヤマハ発動機、インドに新型FZシリーズを投入
  • ヤマハ発動機、インドに新型FZシリーズを投入
  • ヤマハ発動機、インドに新型FZシリーズを投入
  • ヤマハ発動機、インドに新型FZシリーズを投入
  • ヤマハ発動機、インドに新型FZシリーズを投入
  • ヤマハ発動機、インドに新型FZシリーズを投入
  • ヤマハ発動機、インドに新型FZシリーズを投入
ヤマハ発動機は、新開発空冷150cc・FIエンジンを搭載したスポーツモデル『FZ』シリーズの新製品『FZ』/『FZ-S』を、7月からインド市場などで市販すると発表した。

FZ/FZ-Sは、現行モデル『FZ16/FZ-S』の後継モデルで、燃費と走行性能を向上するとともに、シャープなスタイルの融合をコンセプトに開発した。

標準モデルがFZで、FZ-Sにはメーターバイザーを装備してスポーティな外観としている。現行モデルと比べて燃費を14%向上すると同時に、加速性能をアップした新開発の150cc・FIエンジンを搭載する。軽快なハンドリングを支える新開発の軽量フレームとタイヤを採用。サリーガード一体化により軽快なスタイルを実現した可動式リアフェンダーなどの特徴を持つ。

世界最大のインド二輪車市場は、年間総需要約1400万台強で、新型車のセグメントである150~180ccスポーツタイプは約10%を占めている。

2008年に導入したFZ16シリーズは、10~20代の若い男性を中心に支持され、インド市場での累計販売台数は77万台となっている。また、中南米などインド国外へも輸出しており、同社インド二輪車事業の柱となっているモデル。

製造とインド国内での販売はグループ会社インディア・ヤマハ・モーターが担当する。価格はFZが7万6250インドルピー、FZ-Sが7万8250インドルピーで、2機種合計で発売から1年間で13万8000台の販売を目指す。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集