ベンチャー発の超小型EV FOMM、「コンセプト One」がタイで218台を仮受注

エコカー EV
FOMM コンセプト One
  • FOMM コンセプト One
  • FOMM 鶴巻日出夫社長 講演
  • FOMM 鶴巻日出夫社長 講演
  • FOMM 鶴巻日出夫社長
  • FOMM 鶴巻日出夫社長 講演
  • FOMM コンセプト One
  • FOMM コンセプト One
  • FOMM コンセプト One
ベンチャー企業、FOMMの鶴巻日出夫社長は6月18日、都内で講演し、2015年10月にタイで発売を予定している超小型電気自動車(EV)『FOMM コンセプト One』の仮予約が218台に達したことを明らかにした。

鶴巻社長は「3月開催のバンコク国際モーターショウに出展し、パンフレットを4万部準備したが、配布が3万3595部とほぼはけた。来年の10月に発売しようとしているが、『来年まで待てないから名前を書いておく』とか、『とにかく発売したら連絡をくれ』という人が218名いた」と述べた。

また鶴巻社長はFOMM コンセプト Oneについて「将来的には3つに目指すべき姿がある」とした上で、「まず通信システムとの融合、非接触充電による利便性向上、自動運転」に取り組む考えも示した。

このうち自動運転に関しては「小さいものは道路端に専用スペースを造りやすいので、そういうところでカルガモ走行をすれば完全自動よりはもう少し安全性が高くて早く実現できるのではないかと思っている」と語った。

FOMM コンセプト Oneは大同工業、日本特殊陶業と共同開発した4人乗りの超小型EVで、FFインホイールモーターの採用により、洪水の際でもジェット水流を発生して水面を移動できるのが特徴。タイを始めとする新興国での販売を計画しており、15年9月から同国での生産を開始するとしている。日本円で100万円を切る価格を目指している。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

  • 【バンコクモーターショー14】小型EV「FOMMコンセプトOne」東南アジア市場向け発進 画像 【バンコクモーターショー14】小型EV「FOMMコンセプトOne」東南アジア市場向け発進
  • 【FOMM コンセプト One 発表】鶴巻代表「車全体を浮かせれば面白いと思った」 画像 【FOMM コンセプト One 発表】鶴巻代表「車全体を浮かせれば面白いと思った」
  • 【インタビュー】FOMM鶴巻代表「水害と渋滞緩和に新たな方向性アピール」…超小型EV、タイで発売へ 画像 【インタビュー】FOMM鶴巻代表「水害と渋滞緩和に新たな方向性アピール」…超小型EV、タイで発売へ
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース