ヨコハマタイヤ装着車、GAZOO Racing 86/BRZ Raceで開幕4連勝

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
優勝した織戸学選手のマシン
  • 優勝した織戸学選手のマシン
  • 表彰台の織戸学選手(右)と谷口信輝選手
横浜ゴムのストリートラジアルタイヤ「ADVAN A08B」装着車が6月7日から8日に富士スピードウェイで開催された「GAZOO Racing 86/BRZ Race」の第4戦でワンツーフィニッシュを決め、開幕戦から4連勝を飾った。

82台がエントリーした予選はウェットコンディションとなった。予選1組目は若杉将司選手や前回まで2連勝中の谷口信輝選手、2組目は開幕戦優勝の阪口良平選手や織戸学選手などが好調なタイムを叩き出し、予選上位45台で競う決勝Aレースのスターティンググリッド上位6位までをヨコハマタイヤ装着車が占めた。

ドライに近い状態となった決勝では、2列目の織戸選手が好スタートを切りトップに立つ。阪口選手、谷口選手がこれに続き、谷口選手が1周目の最終コーナーで阪口選手をかわしたものの、その後も激しい2位争いが続く。その間、織戸選手は安定した走りでリードを広げ、今季初優勝を成し遂げた。2位は谷口選手が獲得した。

なお、谷口選手はスポーツ系アルミホイール「ADVAN Racing RZ for 86 Race」を装着。「ADVAN Racing RZ」装着車は開幕戦から全レースで表彰台を獲得するなど好成績を収めている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集