【アルファロメオ 4C 発表】インスパイアされたアルファの歴代名車とは

自動車 ニューモデル 新型車

アルファロメオ・4C
  • アルファロメオ・4C
  • アルファロメオ・4C
  • アルファロメオ・スカラベオ
  • アルファロメオ・ディスコヴォランテ
  • アルファロメオ・ジュリアSS
  • アルファロメオ・33ストラダーレ
  • アルファロメオ・4C
  • アルファロメオ・4C
ジュネーブショー11でコンセプトカーとして発表されたアルファロメオ『4C』は、生産化の承認を受けた際に、デザインの見直しが図られた。

その理由は、当初のコンセプトに忠実なデザインにするためで、全てのデザインエレメントは機能に根差し、無駄なものは省かれた。同時に、「4Cにエレガントでこだわりのある外観を与え、すぐにもアルファロメオとわかることが必須だった」とは、フィアットクライスラーグループアルファロメオエクステリアデザイナーのアレッサンドロ・マッコリーニさんの弁。

そこで、「我々のアイデンティティである、アルファの中で最もアルファらしいモデルからヒントを得ることにしたのだ」という。ミッドシップレイアウトだけでいえば、「最も直接的なつながりは『スカラベオ(1966年のプロトタイプ)』だ」

スタイリングでは、『8Cコンペティツィオーネ』のアイディアボードが参考になったという。「そこに取り上げられたクルマはどれも、先進的なエクステリアと、緊張感のあるパワーとエネルギーを生み出していたのだ」と話す。

特に注目したのは、『ボリュームのみなぎった『ディスコヴォランテ』。断面が個性的な『ジュリエッタSS』。そして、とりわけ官能的で、筋肉質なボディを持つ『33ストラダーレ』は、歴史的なモデルとして最も参考となった1台だ』と説明。

アルファロメオのヘリテージを参考にしながらもマッコリ―二さんはデザインをする際、「アスリートのためのスポーツウェアを手掛ける専門の職人にも似た作業になった」と話す。つまり、「4Cを人間の体と考え、ボディを皮膚と捉えた。そうすることで、デザインが自然で直感的に仕上がっていった」と述べ、「ボディのラインやボリュームを持たせた箇所は無駄なく表すことができ、明快なミッドシップレイアウトはアスリートのプロポーションを想像させる。その結果、パワーとダイナミズムが表現された」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集