トヨタの欧州入門車、アイゴ 新型、チェコ工場で生産開始

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ・アイゴ(ジュネーブモーターショー14)
  • トヨタ・アイゴ(ジュネーブモーターショー14)
  • トヨタ・アイゴ(ジュネーブモーターショー14)
  • トヨタ・アイゴ(ジュネーブモーターショー14)
トヨタ自動車とPSAプジョーシトロエンの合弁会社で、チェコのTPCA(トヨタ・プジョー・シトロエン・オートモビル)は5月26日、新型トヨタ『アイゴ』の生産を開始した。

新型アイゴは2世代目モデルで、2014年3月、ジュネーブモーターショー14でワールドプレミア。アイゴは欧州Aセグメントに属し、トヨタの欧州における入門モデルの役割を担うコンパクトカー。初代アイゴは2005年に誕生した。

トヨタはアイゴ、プジョー版は『107』、シトロエンは『C1』を名乗る。3車は基本メカニズムを共用する兄弟車で、各ブランドが独自にデザインした専用ボディをまとう。同じくジュネーブモーターショー14では、プジョーが107後継車の『108』、シトロエンが新型C1をワールドプレミア。新型トヨタアイゴを加えて、3兄弟が同時モデルチェンジを果たした。

新型アイゴの開発コンセプトは、「J-PLAYFUL DESIGN」。日本の現代の若者文化を、積極的に取り入れた。大胆にも「X」字を刻んだフロントマスクは、直感的に若者の心を引きつける狙いがある。

5月26日、チェコのTPCAでは、新型アイゴの生産を開始。欧州トヨタは、新型アイゴの欧州での発売時期に関して、今夏と発表している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集