【WMX 第8戦】スズキ、デサールが第2レースで優勝

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

クレメン・デサール(スズキ)
  • クレメン・デサール(スズキ)
  • クレメン・デサール(スズキ)
2014年FIM世界選手権モトクロス第8戦・イギリスGPが5月25日、マタレーベイシンで開催され、クレメン・デサール(スズキ)が第2レースで優勝を飾った。

2週間前の第7戦スペイン大会で両レースを制し、今シーズン2回目の総合優勝を飾ったデサールは好調の波に乗って、今大会も土曜の予選を余裕のトップ通過で終えた。昨シーズンのイギリスGPでも総合優勝を飾っているデサールは、相性の良いコースでの連勝を狙った。

決勝日の第1レース、デサールはスタート後2番手につくもその後クラッシュに見舞われて5番手となり、懸命の追い上げもならず4位にとどまった。しかしながら第2レースは予選で見せた無敵のデサールに立ち戻り、後方からアントニオ・カイローリ(KTM)の追撃にプレッシャーを感じながらも30分プラス2周の間にリードをキープ、前大会での完全勝利に続いて再び1位でフィニッシュしてこの日の総合2位となり、ポディウムで今シーズン5度目のトロフィーを手にした。

第9戦は6月1日、フランスのセントジーンダンジェリーで開催される。

■第1レース
1位:アントニオ・カイローリ(KTM)
2位:スティーブン・フロサード(カワサキ)
3位:ジェレミー・ファン・フォルベーク(ヤマハ)
4位:クレメン・デサール(スズキ)
5位:ケビン・ストライボス(スズキ)
6位:トミー・サール(カワサキ)

■第2レース
1位:クレメン・デサール(スズキ)
2位:アントニオ・カイローリ(KTM)
3位:ジェレミー・ファン・フォルベーク(ヤマハ)
4位:タイラ・ラトレイ(ハスクバーナ)
5位:トミー・サール(カワサキ)
6位:ケビン・ストライボス(スズキ)

■ポイントランキング
1位:アントニオ・カイローリ(KTM)351P
2位:クレメン・デサール(スズキ)323P
3位:ジェレミー・ファン・フォルベーク(ヤマハ)316P
4位:ケビン・ストライボス(スズキ)250P
5位:ゴーチェ・ポーリン(カワサキ)205P
6位:マキシミラン・ナグル(ホンダ)166P
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集