【BMW 4シリーズ グランクーペ 発表】機能性と実用性も備えた革新的なクーペ

自動車 ニューモデル 新型車

BMW 4シリーズ グランクーペ
  • BMW 4シリーズ グランクーペ
  • BMW 4シリーズ グランクーペ
  • BMW 4シリーズ グランクーペ
  • BMW 4シリーズ グランクーペ
  • BMW 4シリーズ グランクーペ
  • BMW 4シリーズ グランクーペ
  • BMW 4シリーズ グランクーペ
  • BMW 4シリーズ グランクーペ
BMWが21日に発表した新型『4シリーズ グランクーペ』は、実用性と機能性も考慮されているのも大きな特徴。『クーペ』に比べ、ラゲッジ容量を35リットル拡大し、480リットルを確保した。さらにバックレストを倒せば、最大1300リットルまで拡大可能だ。

同社は「2ドアモデルのドライビングダイナミクスと、4ドアモデルの優れた機能性を高次元で融合した革新的な4ドアモデル」と位置づける。

テールゲートは、手がふさがった状態でもリヤバンパー下のセンサー部に足をかざせばゲートが開く、スマートオープナー機能付きコンフォートアクセスを標準装備。さらに、40:20:40で分割可能なバックレストをオプションで用意し、載せる荷物に合わせ多彩なアレンジが可能だ。

BMWジャパンのアラン・ハリス代表取締役社長は同車について「革新的な機能性と実用性を兼ね備えた4シリーズ グランクーペは、このクラスの新たなベンチマークとなり、BMWのさらなる成功に寄与するだろう」と自信見せた。
《阿部哲也》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集