【トライアル世界選手権 第3戦】ホンダ トニー・ボウ、ランキング2位に転落

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

トニー・ボウ(モンテッサ・ホンダ)
  • トニー・ボウ(モンテッサ・ホンダ)
  • トニー・ボウ(モンテッサ・ホンダ)
  • トニー・ボウ(モンテッサ・ホンダ)
  • トニー・ボウ(モンテッサ・ホンダ)
  • トニー・ボウ(モンテッサ・ホンダ)
トライアル世界選手権シリーズ第3戦・ヨーロッパGPが5月24日・25日、コルシカ島で開催され、アダム・ラガ(ガスガス)が優勝、トニー・ボウ(ホンダ)は2位に終わった。

コルシカ島は、イタリアにほど近い、地中海に浮かぶリゾートアイランド。40年近い世界選手権の歴史の中でも初めての開催となる。決勝初日は、岩だけらの海岸を舞台に、12セクション3ラップで争われたが、ワールドプロクラスの全選手が、持ち時間をはるかに超えてゴール。ノーカウントとなった。

続く決勝2日目、ボウは第3セクションで、ラガは第4セクションで5点を取ってしまったが、ほかに大きな減点はなく、1ラップ目はボウ7点、ラガ10点と、ボウがラガに3点のリードをとった。2ラップ目、ボウは第6セクションと第8セクションで、それぞれ5点減点。これに対してラガは、ボウが5点を取ったそれぞれのセクションを1点で抜け、しかもそれ以外の全セクションをクリーンするという好スコアをマーク。試合を逆転したばかりか、ボウを7点リードして最終ラップに突入した。

最終ラップ、ボウは2ラップ目に5点となった第6セクションでは見事なクリーンを見せたものの、第8セクションでは再び5点。ラガの勝利が決まった。ラガはこの勝利で、ポイント争いでもトップに浮上。ボウの88点に対し、ラガは90点となった。

■トライアル世界選手権 第3戦(2日目)
1位:アダム・ラガ(ガスガス)
2位:トニー・ボウ(モンテッサ・ホンダ)
3位:アルベルト・カベスタニー(シェルコ)
4位:ホルヘ・カサレス(ガスガス)
5位:マテオ・グラタローラ(ガスガス)
6位:藤波貴久(モンテッサ・ホンダ)

■ポイントスタンディング
1位:アダム・ラガ(ガスガス)90P
2位:トニー・ボウ(モンテッサ・ホンダ)88P
3位:藤波貴久(モンテッサ・ホンダ)68P
4位:アルベルト・カベスタニー(シェルコ)66P
5位:ジェロニ・ファハルド(ベータ)59P
6位:ホルヘ・カサレス(ガスガス)47P
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集