VW、新世代2.0ディーゼルを次期 パサート に…ツインターボで240ps

自動車 ニューモデル 新型車

現行フォルクスワーゲンパサート
  • 現行フォルクスワーゲンパサート
ディーゼルエンジンが主流の欧州市場。そんな中、欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲングループが、高性能ディーゼルの開発を進めていることが分かった。

これは5月上旬、オーストリアで開催中の「第35回国際ウィーン自動車シンポジウム」において、フォルクスワーゲングループの研究開発担当、Jakob NeuBe取締役が明らかにしたもの。

同取締役は、「フォルクスワーゲングループは現在、新世代の2.0TDIエンジンを開発中」と公表している。

2.0TDIは、フォルクスワーゲングループの主力ディーゼルエンジン。直噴2.0リットル直列4気筒ターボディーゼルは、燃費やCO2排出量などの環境面で、優れた性能を発揮する。

現在開発中の新世代の2.0TDIエンジンでは、ターボチャージャーがツイン化されるのが特徴。これにより、最大出力が240psへと引き上げられる。最大トルクの数値は公表されていないが、ツインターボディーゼルならではの豊かなトルクを発生するもよう。

Jakob NeuBe取締役は、このエンジンを最初に搭載する市販車について、「次期『パサート』」と明かしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集