ヒュンダイのSUV ツーソン、米国でリコール14万台…エアバッグのネジが緩む

自動車 テクノロジー 安全

ヒュンダイ ツーソン
  • ヒュンダイ ツーソン
  • ヒュンダイ ツーソン
  • ヒュンダイ ツーソン
韓国のヒュンダイモーター(現代自動車、以下、ヒュンダイ)の主力SUV、『ツーソン』。同車が米国市場において、リコール(回収・無償修理)を行うことが分かった。

これは5月19日、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。「ヒュンダイの米国法人、ヒュンダイモーターアメリカから、ツーソンに関するリコールの届け出を受けた」と公表している。

今回のリコールは、エアバッグの不具合が原因。NHTSAによると、ツーソンの運転席エアバッグの組み付けにミスがあり、ステアリングホイールにしっかり固定されていない可能性があるため、事故の際、乗員が負傷するリスクが高まるという。

リコールの対象となるのは、2011-2014年モデルとして、米国で販売された13万7500台。2011年1月上旬から、2013年12月下旬にかけて生産された車が、リコールに該当する。

ヒュンダイモーターアメリカは、対象車を保有する顧客に連絡。販売店で、運転席エアバッグの点検を行い、ネジが緩んでいれば締め直すリコール作業を行うとしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集