ホンダジェット、GEホンダが小型ターボファンエンジン「HF120」を出荷

航空 企業動向

ホンダ ジェット
  • ホンダ ジェット
  • 小型ターボファンエンジンHF120
ホンダと米ゼネラル・エレクトリック社(GE)による折半出資子会社であるGEホンダ・エアロ・エンジンズ(GE Honda Aero Engines:GEホンダ)は、量産型のターボファンエンジン「HF120」を、ホンダ・エアクラフト・カンパニー(Honda Aircraft Company)に出荷した。

これは、2004年にホンダとGEが航空用エンジン合弁会社として設立したGEホンダにとって、初めての量産エンジン出荷となる。

この発表は、スイスのジュネーブで開催されているビジネス航空ショーの「ヨーロピアン・ビジネス・アビエーション・コンベンション・アンド・エキシビション(EBACE2014)」にて、現地時間5月19日に明らかにされた。

GEホンダのテリー・シャープ社長は、「量産エンジンの出荷開始は、HF120プログラムにおける重要な節目であり、引き続きお客様へのサポート体制を強化していく。HF120は現在、マサチューセッツ州リンにあるGEの工場で量産立ち上げ作業中だが、年内にノースカロライナ州バーリントンのホンダ・エアロ・インク(Honda Aero, Inc.)へ生産を移管すべく準備を進めている」とコメントした。

また、GEホンダは今回、メンテナンスサービス施設(MRO:Maintenance Repair and Overhaul)として、ホンダ・エアロ・インクを選定し、HF120の修理やオーバーホールを委託することを合わせて発表した。

GEホンダ副社長兼ホンダ・エアロ・インク社長の泉 征彦(いずみ まさひこ)氏は「HF120の量産とメンテナンスを同じ施設内で行うことで、お客様の要望により一層応えることが可能となる」とコメントした。

今回のターボエンジンHF120は、2013年12月13日に米国連邦航空局(FAA)より連邦航空規則のPart33が定める型式証明を取得。低燃費、耐久性、低騒音、低エミッションを兼ね備え、新たなスタンダードとなるべく開発された定格推力2095ポンドの航空機用ターボエンジン。

このHF120は、(1)先進空力設計技術を盛り込んだ一体型ファンローターと、カーボンコンポジット製の軽量ガイドベーン、(2)高い圧縮比と操作性を両立する耐熱チタン製の遠心圧縮機ローター、(3)コンパクトなリバースフロー方式の燃焼器とシンプルなエアブラスト式1ステージ燃料噴射ノズル、(4)最先端高温材料を使用した高圧・低圧タービンと空力性能を向上させたカウンター型のローテーティング2軸システムの5点を特長としている。
《山内 博》

編集部おすすめのニュース

特集