日産 パルサー、欧州でも復活へ…新型Cセグハッチバックに

自動車 ニューモデル 新型車

新型日産パルサー(欧州仕様)の予告イメージ
  • 新型日産パルサー(欧州仕様)の予告イメージ
日産自動車の欧州法人、欧州日産は5月16日、今秋、欧州市場で発売する新型5ドアハッチバック車の車名を、『パルサー』と発表した。実車は5月20日、現地で初公開される。

初代パルサーは、日本で1978年に誕生。小型車のベンチマークであるフォルクスワーゲン『ゴルフ』を意識し、「パルサー・ヨーロッパ」というキャッチフレーズが冠された。

1982年には、2代目に移行。その後、1986年に3代目、1990年に4代目、1995年に5代目と、モデルチェンジを繰り返した。しかし2000年8月、後継車の『ブルーバードシルフィ』が登場して、パルサーは日本市場から消滅。オーストラリアやニュージーランドでは、パルサーの名前が継続使用されたが、現地でも2005年の『ティーダ』発表をもって、パルサーのネーミングは消えている。

ところが2012年10月、オーストラリアで開催されたシドニーモーターショー12において、パルサーが復活。日本の『シルフィ』と基本的に共通の小型4ドアセダンとして、2013年にオーストラリアで発売された。

今回、欧州での復活が発表されたパルサーは、日産が再び、欧州で主力のCセグメントに参入するために開発される新型5ドアハッチバック。現時点では、詳細は公表されていないが、日産のスペイン・バルセロナ工場で生産され、欧州市場に投入される。

なお欧州日産は、新型パルサーの予告イメージを1点公開。新型『エクストレイル』や『キャシュカイ』と共通イメージのフロントマスクが見て取れる。同社は、「高い品質と先進のアプローチを備える」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集