マツダ、マレーシア新工場が稼働 CX-5 生産

自動車 ビジネス 海外マーケット

マツダ CX-5(写真は日本国内仕様)
  • マツダ CX-5(写真は日本国内仕様)
【マレーシア】マツダは16日、マレーシアの自動車製造会社イノコムの同国ケダ州クリムの工場敷地内にマツダ車専用の車両組立工場を建設し、多目的スポーツ車(SUV)「マツダCX―5」の量産を開始したと発表した。マレーシアとタイに供給する。

 マツダはイノコムに委託し、2011年1月から、マレーシアで乗用車「マツダ3(日本名「マツダ・アクセラ」)」を生産。2013年3月からは、現地でマツダ車専用の車体工場を稼働し、「CX―5」の生産を始めた。今回量産を開始した車両組立工場は、マレーシアの生産販売統括会社マツダ・マレーシアが、車体工場と合わせ、合計約1億リンギ(約30億円)を投資して建設した。両工場の年間生産能力は約2万台で、2014年中に、マレーシア向けの新型「マツダ3」の生産も始める予定。

マツダ、マレーシア新工場が稼働 「CX―5」生産

《newsclip》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集