【プジョー 3008 シエロ 試乗】ミニバン?SUV?その正体はスポーティなクロスオーバー…岩貞るみこ

自動車 ニューモデル 新型車

プジョー 3008 シエロ
  • プジョー 3008 シエロ
  • プジョー 3008 シエロ
  • プジョー 3008 シエロ 
下の表では、厳しめの★である。クルマだけ見れば、★をもっと増やしてもいいのだが、日本市場でどう使うかを考えると、どうしても厳しくならざるを得ない。

っつーか、「期待していたより燃費がいい」とか「車内の開放感がものすごい」とか、自由に項目を作らせてくれたら、もっと評価が変わってユーザーにわかりやすいんだけどな。と、一律評価のレスポンス独自の「5つ星評価」にケチをつけている場合ではない。

『3008』、私はこのクルマは、ずっとミニバンだと信じていた。ふっくらとした塊感のあるフォルムといい、使い勝手といい。しかし今回のフェイスリフト(顔を変えることね)のリリースを改めて読んで血の気がひいた。そうかこれは「スポーティなフォルム」で「SUVの機能を持つ」、クロスオーバーだったのか!スポーティなフォルム…そうか、そうなのか。そして、SUVの機能…これ、FFだよね?

改めて、襟を正して試乗させていただいた。FFであることに変わりはないのだが、トラクションコントロール(滑りやすい路面の状況に応じて、タイヤに伝わる力を上手に制御するやつね)を進化させた、「グリップ・コントロール」が採用されていた。SUVについている、あれだ。雪、泥、砂と路面の変化に合わせて、ダイヤル式のスイッチをかちかち回すと対応してくれるというやつ。これによって、SUVらしさが格段にアップしている。ついでに、タイヤもノーマルではなく、マッド&スノーが標準装備である。ただし、名前はそうでも、雪道での性能は期待しない方がいい。雪道を走るならスタッドレスへの履き替えは必須だろう。

さて、すっかりSUVテイストがちりばめられた3008。これだけ書いて期待させて申し訳ないが、試乗はドライのアスファルトである。乗り心地は硬め。フランス車というと、ネコ足を期待するが、このところのプジョーはしっとりしつつも硬めな印象だが、3008は特に男前な乗り心地である(最近、草食~絶食な男子が増えたことはさておき、慣例的な表現としてね)。路面のがたがたした表情が情報としてハンドルやシートを通して伝わってくるものの、不快感はゼロ。300km近い長距離に持ち出しても、疲労感は驚くほど少ない。疲労を感じさせない理由のもうひとつは、加速の良さだろう。1.6L+ターボの瞬発力たるや、ひらりと軽く、ボディの大きさを忘れさせてくれる。

驚くといえば、燃費の良さだ。高速中心に350km走った時点で、燃料計の針は約半分を指している。このボディの大きさでその燃費、すごくありがたい。★、厳しすぎますかね?3008のよさを100%引き出せる方に、是非、乗っていただきたい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★
オススメ度:★★★


岩貞るみこ|モータージャーナリスト/エッセイスト
女性誌や一般誌を中心に活動。イタリア在住経験があり、グローバルなユーザー視点から行政に対し積極的に発言を行っている。主にコンパクトカーを中心に精力的に取材中するほか、最近はノンフィクション作家として子供たちに命の尊さを伝える活動を行っている。JAF理事。チャイルドシート指導員。国土交通省 安全基準検討会検討員他、委員を兼任。
《岩貞るみこ》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集