【北京モーターショー14】ランボルギーニ ウラカン 中国初公開…ガヤルド 後継[詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー

ランボルギーニ ウラカン(北京モーターショー14)
  • ランボルギーニ ウラカン(北京モーターショー14)
  • ランボルギーニ ウラカン(北京モーターショー14)
  • ランボルギーニ ウラカン(北京モーターショー14)
  • ランボルギーニ ウラカン(北京モーターショー14)
  • ランボルギーニ ウラカン(北京モーターショー14)
  • ランボルギーニ ウラカン(北京モーターショー14)
  • ランボルギーニ ウラカン(北京モーターショー14)
  • ランボルギーニ ウラカン(北京モーターショー14)
ランボルギーニ『ウラカン LP610-4』は、『ガヤルド』の後継モデル。3月にスイスで開催されたジュネーブモーターショーで発表、今回、北京ショーで中国初公開となった。

エンジンは、新開発の直噴5.2リットルV型10気筒ガソリン自然吸気エンジンをミッドシップに搭載。最高出力610ps/8250rpm、最大トルク57.1kgm/6500rpmを発生し、7速デュアルクラッチトランスミッション「LDF」を組み合わせる。その性能は、0-100kmを3.2秒で駆け抜け、マシンの最高速は325km/h以上に達するという。

ボディは全長4459×全幅1924×全高1165mm、ホイールベースは2620mmに設定。カーボンファイバーとアルミの複合素材シャシーで、乾燥1422kgを実現した。
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集